助産師求人

助産師のための転職エージェント

助産師の求人を探している方の中には、助産師の求人案件が少ないと思っている方も多いかもしれませんね。。

 

病院やクリニックに産科があれば助産師として活躍することができますが、今産院が少なくなっていることもあり、助産師がありあまっているような印象を持っている方も多いですからね。。

助産師

 

しかしながら、このご時世でも求人の量が変わらないのが助産師と看護師。産科のある病院やクリニックでは必要不可欠な存在であることから、常に求人募集がかかっていると言っても過言ではありません。

 

気になる病院やクリニックのホームページを見てみてください。求人のお知らせなどが掲載されているところも少なくないと思いますが、こちらに求人募集がかかっている可能性もあります。

 

たくさんの助産師がいたとしても、結婚や出産でやむを得ず辞めなくてはいけない方もいます。

 

それぞれの事情がありますが、いずれにしてもほとんどの病院やクリニックでは助産師不足とされているのです。

 

つまり、それだけ自分の働ける環境がたくさんあるということでもあります。

 

求人募集が少ないというイメージは、ただのイメージにしか過ぎません。この不景気でも助産師や看護師の求人だけは衰える事を知りません。

 

もしも今自分が働いている環境に満足されていない方、もっと経験を積んでいきたいという方、引っ越しなどによりあたらな職場を探している方、などは転職エージェントなどを利用して求人を探してみるといいと思いますよ。

 

 

転職エージェントの活用

 

より良い条件であったり、自分の都合に合わせた職場を見つけるためには、やはり転職エージェントを活用するのが1番いいと思います。

 

転職エージェントは自分に代わって自分にピッタリの職場を探してくれる強い味方ですからね。時間の不規則な助産師の方にはピッタリの方法と言えます。

 

この助産師の方が転職するための転職エージェントですが、いくつか業者はありますが、今のところお勧めできるのは以下の2つの業者です。

 

登録は完全無料ですので、登録して様子を見てみるといいですよ。

 

 

ナース人材バンク
ナース人材バンク
特徴

助産師の方が求人を探すのに今一番おすすめできる転職エージェントが「ナース人材バンク」です。

このナース人材バンクは上場企業である株式会社エス・エム・エスが運営しているため安心できる業者です。

しかも、年間の利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師系転職エージェントといえます。紹介実績も業界トップですからね。

早い者勝ちの非公開求人も豊富に用意されているので、チェックしておいたほうがいいですね。非公開求人は無料登録しておけば紹介してくれますよ。

 

ナースではたらこ
ナースではたらこ
特徴

助産師の求人ならばナースではたらこも人気の転職エージェントです。

このナースではたらこを利用して転職が成功すれば、もれなく最大で10万円ももらえちゃいますからね。転職もできてお金ももらえてって嬉しすぎます。

こちらも転職情報はかなり豊富ですし、登録しておいた方がいい求人サイトといえます。

面接や日程調整だけでなく、応募書類のアドバイスや面接対策なども、専任のサポーターが支援してくれますよ。

 

対応地域

【北海道地方】 北海道
【東北地方】 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
【関東地方】 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区) 神奈川県
【中部地方】 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
【近畿地方】 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
【中国地方】 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
【四国地方】 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
【九州地方】 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
【沖縄地方】 沖縄県

 

 

有名な産婦人科病院

愛育病院

東京都の南麻布にある、愛育病院。こちらは、秋篠宮妃紀子さまが悠仁親王を出産された病院としても有名です。皇族の利用・それに芸能人の方なども多く利用されています。

 

日本で最もセレブな産婦人科病院と言ってもいいんではないでしょうか。
セレブな方が通うという事もあり、医療費用もかなり高額です。その分、設備や食事などは素晴らしいです。

 

山王病院

赤坂の山王病院も芸能人御用達の病院で有名ですね。あの山口百恵さんもこちらの病院で出産されたらしいですよ。
ホテルに滞在しているような気分で、入院生活を送る事が出来るみたいです。

 

病室も個室となっており、まるで高級ホテルのスイートルームにいるかのような感じみたいです。
食事もフランス料理のフルコースが食べれるらしいし。凄いですよね。

 

聖路加国際病院

聖路加国際病院は、キリスト教系の総合病院なんですが、こちらも各界のセレブ御用達病院となっています。
最高水準の医療設備とスタッフが揃っているので、高齢出産の方に人気があるみたいですね。

 

陣痛から分娩、回復までを1室で行うLDR(LABOR=陣痛、DELIVERY=分娩、RECOVERY=回復)が数多くあるのも特徴です。

 

上記のような病院で働いてみたい!といった助産師さんも多くいると思いますが、さすがにこのような場所はそう簡単に働けないと思います。

 

有名な方が多く来るという事もあり、かなり厳しいでしょう。もし勤務できたとしても、かなり大変だと思いますね。給料はいいのかもしれないですが、それ以上に大変な事ばかりだと思います。

 

妊婦さんとして通うのは憧れですが、お仕事としてはもう少し普通の病院の方が働きやすいんでしょうね。

 

 

 

患者さんからの声

 

人の手が持つ力はすごい

 

二人子供を出産しております。
私には母がいなく、頼れる人がいない中での出産でした。

 

当時、主人も仕事が忙しく、ほとんど自宅におらず、陣痛がきても、一人心細くタクシーで病院に向かったのを今でも覚えています。

 

初産ということ、普通は誰かが付き添っているのに、この人は一人できたぞ?と何か察するものがあったのか、、、?
何度も何度も部屋を見に来てくれました。

 

あまりの陣痛の痛さに「痛すぎるから何かおかしいのではないか」と、今思えばまったく見当違いの質問をしてしまった私に優しく優しく「痛くていいんですよ、痛くないと生まれないんですよ!」と、あっけらかんと答えてくれて、「あ、そうなのか。」となぜか腑に落ち、一人でうんうんと堪えることができました。

 

また、交代できた助産師さんは、ベテランのおばあちゃまみたいな人。
私に母がいないことを知ると「そっかあ、じゃあ、よく頑張ったね!」と、さらっと言ってくださいました。

 

そうなんです。お母さんがいないのに、ここまで育つのに大変だったの私!
と、いろいろな思いがこみ上げてきました。

 

わかってくれてるんだってすごく安心しました。
これって、出産に関係ないことですよね?

 

でも、陣痛中に、そんなことさらっと言えるなんて、ベテランの勘なのか、私の人生に足りてなかった部分を、察知してくれたのかなあと思いました。

 

助産師さんは、出産を成功させるだけではなく、妊婦さんの不安な心を解消する役割もあるのだと思いました。

 

いざ出産となった時にきてくださった助産師さんは、思わず「誰か手を握ってください!」と頼み込む私の手を、すぐに握ってくださいました。

 

ものすごく安心しました。
ああ、手だ!手を握ってもらうと安心できるんだ!と思いました。

 

このとき、人の手が持つ力は、本当にすごいものだと思いました。
陣痛の波が去り、また来るとき、私が手を出すと、何も言わずにさっと握ってくれました。

 

これをなんどもなんども繰り返し、いくつもの陣痛の波を乗り越え、出産に至りました。
何も言わずずっと手を握ってくれました。

 

あの手を握ってくれたことは、今でも忘れませんし、本当に感謝しています。
きっと、何人もの手を握ってきた助産師さんなのだろうと思いました。

 

何回も出産を見守ってきた人なのだろうと思いました。
こんなことが、人の数だけ行われているなんて、その瞬間に立ち会える助産師さんは素晴らしい仕事だと思いました。

 

このことがあってから、自分のこどもには、予防接種や、怪我で傷を縫うときの麻酔、歯医者、とにかく不安なときには、すべて「ママが手を握ってあげるから!」と、乗り越えてきています。

 

そのうち、こどもから「ママ!て!」と言うようになりました。
人の手が持つ力はすごいです。

 

うちの子が、いつか親になるときがきたら、手を握っていてあげたいです。
そして、こどもには、手を握ってあげれるパパやママになったらいいなと思います。

 

あのときの助産師さん、素敵なことを教えてくれてありがとうございました!


 

助産師さんには感謝しっぱなしです

 

2年前、第一子を妊娠中、切迫早産になりました。
最初は、出血してお腹の張りがひどく、心配になって深夜に産院に電話をしました。

 

そのとき対応してくださった助産師さん。
とても親切で、優しく安心したのを覚えています。

 

その後、3ヶ月入院したのですが、助産師さんには本当に感謝しています。

 

毎日、いつ産まれてくるかわからない不安と闘いながらの入院生活。
絶対安静なので、何もできず、点滴に繋がれてただひたすら寝ているだけ。時間が経つのもものすごく遅かったです。

 

そんな中、助産師さんは毎日私のところへ来てくれて、いろんなお世話をしてくださいました。

 

昼夜問わず、点滴がなくなったら交換をしてくれたり、お風呂に入れないときは身体を拭いてくれたり、シャンプーをしてくれたり。

 

助産師さんてすごいなと思いました。

 

それまで、私の中で、助産師さんは赤ちゃんが生まれるときにだけいてくれるものだと思っていたのでいろんな仕事があるんだなと思いました。

 

そして、優しく思いやりがある方が多くて感動しました。

 

その産院では、そんなに長期間入院する人がいなかったので、私のような長期の入院患者は珍しかったのですが、私を見兼ねて色々と声をかけてくださいました。

 

「漫画好き?好きだったら家から持ってくるよ」とか、「最近顔見てなかったから見にきたよー」とか、「ご飯何か食べたいものあったらリクエストしてね」とか。

 

少しの間でも、時間を見つけて来て話し相手になってくださったり、雑誌を持って来てくださったりして気にかけてくださいました。

 

親身になって相談に乗ってくれて、アドバイスをくれ、助けてくれ、心強かったです。
入院生活はとても辛かったのですが、たくさんの励ましをもらったりして本当に嬉しかったのを覚えています。

 

助産師さんみんなと顔見知りになったので、出産のときも安心して身を委ねることができました。
どうして助産師になったのか?いつも聞いて見たかったのですが、聞けませんでした。

 

私が将来の仕事を考えるとき、就職するとき、助産師さんなんて考えたこともありませんでした。

 

大変だとは思いますが、命の誕生の現場に付き添う、とても素敵な仕事だなぁと見てて思いました。
かっこよかったです。

 

無事に出産を終えて、退院するとき、当日出勤されていた助産師さんと写真を撮ったりしました。
一人の助産師さん、本当によかったねって泣いてくれました。とても嬉しかったです。

 

そんな素敵な助産師さんたちがいる産院を離れるのは少しさみしい気持ちもしたくらいです。
次の出産も絶対ここがいいと決めたのでした。


 

素敵な助産師さんに子供を取り上げてもらいました

 

助産師さんは、命にかかわるお仕事をされているってだけで、十分尊敬できるお仕事だと思います。

 

初めての出産で、妊娠がわかった日から、赤ちゃんが生まれる日まで、本当になんでも心配で、不安が常に私にはありました。いよいよ出産月になったとき、予定日を過ぎても生まれてこないので、私は入院することになりました。

 

初めてなので、わからないことだらけですが、普通は陣痛がきて生まれそうになったら、病院に向かうものだとおもっていました。そんな風に説明もされていました。ですが、急に入院することになって、なんだかそれだけでも本当に不安でいっぱいでした。

 

その日は昼間に入院し、先生に診察をうけて、付き添っていた母も帰り、よる病室に1人になりました。
生まれるのは、あさって以降と言われていたので、のんきな気分で、TVを見ていました。

 

その日の担当の助産師さんは、いつものその病院の方ではなくて、たまたまその日に代わりに当直をされていた方だったと、あとで聞きわかりました。

 

その方に当たったのも、運命だったのかなと今は思います。私よりも若いのでは?と思うほど、若いお姉さんの助産師さんでした。

 

のんきにTVを見ていた私ですが、夜の10時まえころから、急にお腹や腰がいたくなってきました。何だろう?嫌な痛みだなって思いながら我慢していました。

 

でもその異常な痛みに、不安で夜も眠れずに、何度もトイレに行ったりしていたら、助産師さんが声をかけてきてくれました。何かあったら、いつでもナースコールをして下さいと優しく言ってくれました。

 

でも夜中になるにつれて、段々お腹が痛くなってきて、腰もすごく痛くなってきて、ずっと我慢していましたが、もうダメだと思い、ナースコールをしてみました。

 

そのときも、落ち着いてアドバイスをしてくれましたので、お腹も腰も痛かったけど、安心することが出来ました。
本当に柔軟な対応で、何かあれば頼れると安心でしたが、また少し時間がたったあと、いよいよお腹と腰がますます痛くなってきて、全然眠れずに、時計を見たら、もう夜中の2時になっていました。

 

もう一度ナースコールをしたら、それまではスピーカーでお話をするだけでしたが、すぐに部屋まで来てくれました。
不安と痛さとどうなるのかわからない怖さで、本当に余裕がなくなりかけていた私に、とても冷静に親切に対応してくれました。

 

助産師さんは、これから生まれるかもしれないこと、陣痛の来る感覚を時間を見てきちんと計っておくことなどを、伝えてくれました。
その後、やはり出産となり、それからの何時間もを一緒に過ごしてくれました。どれだけ心強かったかわかりません。

 

いよいよ出産となったときには、もう朝になっていました。

 

夜中から出産した朝まで、ずっと一緒にいてくれて、今の私と赤ちゃんの状態を、丁寧に説明してくれて、安心できるようにしてくれました。

 

とにかく終始私が安心出来るようにしてくださってるのが、余裕がなくなっていた私でもわかりました。

 

母に連絡をし、母が分娩室に入ってきて、いよいよ出産になったときに、赤ちゃんの頭が見えてきたとき、あとで母に聞いたのですが、助産師さんは赤ちゃんの髪の毛を撫でてくれてたよって、言ってました。やっぱり優しい方だったんだ!って、思いました。

 

赤ちゃんがお腹から出終わったとき、助産師さんを含め、看護婦さんたちも、何度も立ち会っておられるのに、涙ぐまれていました。とても感動しました。

 

とても大変で難しいお仕事だと思いますが、素晴らしいお仕事だと思います。一生忘れません。